2009年05月09日

白文鳥その後。

ご無沙汰しております。

まるまる一ヶ月放置ブログ。
もう、自分でも諦めております。

前回の日記から一ヶ月。
毎日、毎日、雛の面倒をみておりました。
うへ〜
大変でした。
でも、かわいいのよ。

やって来た当初、
あまりの小ささに、数日間で星になってはしまいか・・と
緊張と不安に潰されそうでした。

・・が

こんなに立派になりました♪

20090508001.JPG

グリフォン、まだ背中に雛の証であるグレーの羽毛はありますが
一丁前に水浴びなんかするほどに。

お母さん、嬉しいよ、ほんとに(笑)

多分、生まれて6週目くらい。
そろそろ一人餌になって
私の手からご飯を食べてくれなくなるんだろうな。

それでも、手の中で眠ってくれたりすると
嬉しいです。

と同時に、餌の時間が気になって
遠出が出来なかったから
そろそろ手を離したい気も。(ジレンマってやつです)
更にホンネを言えば
今月は自分の誕生日もあることだし、
ちょっと遠くに出かけたいんですよね。

でも、元気に育ってくれて
本当に嬉しいのでありました。(^^)

グリ、これからもすくすく大きくなってちょうだいね。


posted by つきな at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | グリフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

白文鳥がやってきた。

我が家には
3年ほど前から桜文鳥(アルフォンス君)がいます。
ヤンチャだけど臆病で、でもとても可愛い子。
しかしながら
ペットショップで購入した時点で既に中雛だった為か
はたまた、遊び方が足りなかったのか

・・・鳥かごの置いてある部屋から出ようとしません。

肩に止まったまま、部屋を出ようとすると
一目散にカゴの中へ逃げてしまいます。(激汗)
いや、それはそれで、突拍子も無い所に行く事もないだろうから
そういった意味では安心なのだけれど・・。(苦)

そんなアルフォンス(通称アル)ですが
本当に可愛いです。

そんな中
一年ほど前位から
どうしてももう一匹文鳥が飼いたくてたまらなくなりまして
それも、白文鳥が。
いや、アルに不満があるわけじゃないのです。
ただ
ベタベタに慣れている子も傍にいて欲しいかな〜なんて。

昨年秋位から
旦那サマに「来年の春には、白い文鳥が来る気がする〜」
と、呪文のように繰り返し言ってみたり。

その怨念熱意が伝わって
このたび、白文鳥を我が家に迎え入れる事となったのでありました。



そこには、大きな落とし穴がありました〜かなりビビッております。
posted by つきな at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グリフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。